Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

熱流体解析ソフトのグローバル展開を
目指してMSC傘下のグループ企業に
<ソフトウェアクレイドル>

2016.12.21

ソフトウェアクレイドルは、MSC Software Corporation(以下MSC)がソフトウェアクレ
イドルのすべての株式を取得したことにより、MSC傘下のグループ企業となったことを発表
した。
MSCは、米カリフォルニア州に本社を置く、複合領域シミュレーションソリューションのグ
ローバルなリーディングカンパニーで、製品の設計やテストにおける品質向上、時間短縮、
コスト削減を支援するソフトウェアおよびサービスを提供している。世界22ヵ国に支社・支
店を展開し、1982年に日本法人を設立している。
ソフトウェアクレイドルは1984年に設立され大阪に本社を置く日本の熱流体シミュ
レーションのリーディングカンパニーで、自動車、エレクトロニクス、建築・土木などの市
場向けのCFD(熱流体解析)ソフトウェアを開発・販売している。顧客リストには日本国内
のみならず、世界中の有名企業や大学が名を連ねており、シミュレーションソフトウェアの
革新的プロバイダーとして高い評価を得ている。
MSCは、ソフトウェアクレイドルの熱流体シミュレーション製品をグローバルに展開すると
ともに、空力音響およびパワートレインコンポーネントの性能向上などの分野において、従
来のMSC製品との連携により、ユーザーの複雑なエンジニアリング課題を解決することを目
指すとしている。
ソフトウェアクレイドルはMSC傘下のグループ会社として今後も独立した経営営業マー
ケティング、製品技術開発を進めていく方針だ。
 
上記についてのさらに詳しい情報は、こちらのWebサイトで。