Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

「JDraf」の後継となるDWG互換CAD
「ARES 2017」をリリース
<グレバートジャパン>

2017.04.03

グレバートジャパン(旧社名:ジェイドラフ)は、DWG互換CADの新シリーズ「ARES 2017」
をリリースした。当初、2月20日にリリース予定だった同製品の発売日を延期していたが、
3月27日に正式リリースとなった。
同製品は、グレバートジャパン設立にあたり、これまで、ドイツのグレバート社のCADエン
ジンを用いて日本市場向けに開発・提供していたDWG互換CAD「JDraf」の名称を、グレ
バート社のインターナショナルブランドである「ARES(アレス)」へ変更したもの。
ARES 2017は、低価格ながら業界標準CADと同じ様に使用できるDWG互換CAD。DWGの
ほか、JWW・SXFなど多様なファイル形式に対応し、製図にて使用頻度が高い機能も搭載。
LISP、C#、C/C++によるフルカスタマイズが可能だ。
また、「ARES Touch」も同時にリリースした。同製品は、スマートフォンやタブレット上
で使用できるCADで、PCからスマホやタブレットへ図面を持ち出し、いつでも・どこでもア
クセスを可能とし作業を効率化する。AndroidとiOSの両方で利用可能だ。
なお、JDrafを利用中で本年2月末日現在に保守期間が有効なユーザーには、「ARES」への
バージョンアップについて、郵送で順次連絡する予定となっている。
 
上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。