Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

日建設計と2020年以降のグローバル市場を見据えた
パートナーシップを締結<オートデスク>

2017.05.02

米国オートデスクは、日建設計と戦略的なパートナーシップを締結したと発表した。
これにより、米国オートデスクは、保有するほとんどのソフトウェア並びにクラウドサービス
を日建設計がグローバルに利用できるように体制を構築する。そして両社は2020年以降の
グローバル市場を見据えて、都市計画、意匠・構造・設備設計、建物維持管理リノベーショ
ンに渡るライフサイクル全体の設計フローを支援する BIMおよびBIMの「情報」を効果的に活
用する体制・仕組みを構築していくとしている。
近年、VR/AR(仮想現実/拡張現実)、IoTなどの新しい技術を利用しやすくなり、都市計画や建
設分野でも活用が始まってきている。これらの技術をBIMプロセスで活用可能にする新しい手
法を継続的に開発している米国オートデスクと、これらの最新技術を活用した新しいBIMプロ
セスを開発している日建設計。両社のそれぞれの強みを融合させることで、都市計画や建設ラ
イフサイクルの業務フローで新しい段階の品質と効率向上を実現できると考え、今回のパート
ナーシップ締結となった。
 
上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。