Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

BIMデータによる建築確認申請用テンプレートを
5月31日から公開<オートデスク>

2017.05.25

オートデスクは、住宅性能評価センター、フリーダムアーキテクツデザイン、大塚商会とと
もに4号建築物の建築確認申請書類をBIMデータから作成するためのテンプレートを開発し、
5月31日から公開する。また、同日から住宅性能評価センターはBIMデータを使用した建築
確認申請を事前相談として受付開始する。
4社はオートデスクのBIMソフト「Autodesk Revit」のBIMデータを使用した建築確認申請
を実現するため、2016年4月から協業。同年8月に住宅性能評価センターから4号建築物の確
認済証交付が国内で初めて発行された。今回公開するテンプレートはこれを基にして開発さ
れたものだ。
同テンプレートの利用により、Revitの簡単な操作でBIMデータから申請書類の作成が可能と
なるため、作業効率と正確性が大幅に向上する。BIM申請においては書類を印刷する必要が
なく審査ついても作業効率が向上するためBIMによる建築設計がもたらす利便性の広がり
が期待できるという。

上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。