Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

Autodesk AutoCAD 2019およびAutodesk AutoCAD LT 2019をリリース<オートデスク>

2018.03.28

オートデスクは、新バージョン「Autodesk AutoCAD 2019」および「Autodesk AutoCAD
LT 2019」をリリースした。
AutoCAD 2019シリーズでは、建設業や製造業など業種別の専用機能を搭載したツールセッ
トを自由に利用できる「AutoCAD including specialized toolsets(業種別専用ツールセト)」
の提供を新たに開始。これにより、建築設計ツールセットが提供する建築設計機能と、
8 ,000以上の高度な建築オブジェクト、スタイルを使用することで、建築設計およびドキュ
メント作成の速度が向上する。
新バージョンでは異なるバージンの図面がある場合、変更箇所を比較・検出して、異なる
色で視覚的に違いを表示することができるほか、表示している図面のモデルビューやレイア
ウトビーを社内外の関係者と簡単に共有することが可能になるなどさらなる生産性の向上
と効率化をテーマにさまざまな機能が改善されている。
両製品は、サブスクリプションライセンスのみの提供となっており、価格は1年間のサブスク
リプションの場合、AutoCAD including specialized toolsetsが185,000円、
Autodesk AutoCAD LT 2019が58,000円(いずれも税別)となっている。
このほか、AutoCAD LT とRevit LT のセットの「Autodesk AutoCAD Revit LT Suite 2019」
などの製品を4月11日以降に発売する。
 
「Autodesk AutoCAD 2019」および「Autodesk AutoCAD LT 2019」の詳しい情報は、
こちらのWebサイトで。