Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

大成建設と次世代BIMの実現に向けパートナーシップを締結<オートデスク>

2015.08.03

米国オートデスクは、大成建設 設計本部とBIMの普及を目指して協力するパートナーシップを
構築することで合意したと発表した。
両社は、プロジェクトの企画から設計、施工、維持管理の建築ライフサイクル全体において、
BIMに関連する先進的な技術活用を共同で推進し、そのメリットを最大限に引き出しながら幅
広いワークフローで業務の効率化を図り、環境対応型社会システムの実現に貢献していく。
主なパートナーシップの内容は、設計施工の新たな生産システムとしてBIMの「情報」を活用
した業務間の連携を推進するIT基盤の構築(Integrated BIMの実現)や、日本の規格・基準に適
合するBIM機能の開発やライブラリの開発(一部で実施中)、BIMの適用に関する研究成果を社内
共有し、国内外プロジェクトでの実施を推進するなどだ。
今回の合意は、同社と大成建設 設計本部がお互いの強みを持ち寄って有機的に協力し、建築の
ライフサイクル全体でBIMの利便性を最大限に引き出すことで、建築主や利用者、そして社会に
とって価値の高いプロジェクトを実現できると考え、合意に至ったものだ。
両社は今後、研究の進捗を見極めながらBIMの適用範囲を段階的に広げ、業界各社とも協力関係
を広げていくとしている。
 
上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。