Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

次期バージョン「Rebro2018」の新機能情報を
公開<NYKシステムズ>

2018.04.17

NYKシステムズは、次期バージョンの建築設備専用3次元CAD「Rebro2018」のリリース
に先駆けて、Rebro2018の新機能情報を公開した。
同製品は、シンプルで直感的なインターフェイスと高機能な3Dエンジンを搭載しており、
空調・衛生・電気の各種建築設備を正確かつ詳細にモデリングできるのが特長の建築設備
専用3次元CAD。
新バージョンでは、Microsoft Excelとの連携を深め、建築設備業務にさらに密接したCAD
運用を可能にする「Excel データリンク機能」を搭載する。
同機能では、機器表に入力された情報をBIMデータとして取り込むことや、レブロで作図
した図面から発注書をExcel形式で出力することができる。また部屋要素がモデルに定義
されている場合では、機器表からフロアや部屋名、機器番号、台数を読み取り、自動的に
その部屋に相応しい機器の配置が可能となる。
 
上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。