Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

エッフェル塔周辺を再創造するBIMプロジェクトで
パリ市に技術協力<オートデスク>

2018.04.18

米国オートデスクは、フランスのパリ市が実施しているエッフェル塔周辺の再開発デザイン・
コンペティションをBIM環境で行えるように技術協力することでパリ市と合意したと発表し
た。
パリ市はオリンピック・パラリンピックが2024年に開催されるのを機にエッフェル塔とそ
の周辺地域にあるトロカデロ庭園などを一体化してほかの市内地域からの人や車情報が円
滑に行き来できるようにアクセスの問題解消を目指している。このデザイン・コンペは
界中の建築家などからこの地域を訪れる人々のニーズに応えられる環境を創造するアイデアを
募集するもので、デザイン案でのBIM 採用が必須となっている。
同社では今回の技術協力の一環として現在のエッフェル塔周辺のデジタル3Dモデルを作成
今月末に選出されるデザイン案を誰でも見られるように支援する。これによりパリ市と
プロジェクトの関係チームは提出されたデザイン案を3Dで見ながら意図を理解し評価する
ことができるようになるため設計から施工までのプロセス全体で効果的なコラボレーション
が可能となる。またこのモデルを応募者や審査員が設計段階からプロジェクト完了まで利
用できるよう整備するとしている。
同コンペは、2019年に最終デザインが決定し、2023年に再開発が完了する予定だ。
 
上記についての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。