Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

GRAPHISOFT 全国ロードショー 2018を全国12都市で開催<グラフィソフトジャパン>

2018.07.05

グラフィソフトジャパンは、「GRAPHISOFT 全国ロードショー 2018 BIMの活用に向けて」
を全国12都市で開催する。
今回の同セミナーは、BIMに最適なARCHICADによる木造、S造設計や施工におけるワークフ
ローの質の向上のための活用方法や、同ソフトの導入にあたっての留意点などを紹介コース
は、木造編・S造編・RC造編の3つが用意されている (会場によってコースは異なる)。
プログラムはユーザーによる事例紹介と同社によるBIM活用に向けた設計ワークフローの提案
などで構成されている。プレゼンテーションでは、ARCHICAD 21を操作しながら実際の設計
ワークフローに沿ってモデルを入力し、企画・基本・実施設計の各段階におけるARCHICADの
メリットを紹介する。事例紹介は、アトリエ系設計事務所やゼネコンなどから、実際に
ARCHICADを使用しているユーザーが講師として招かれ、講演を行う。
会場は、札幌、山形、郡山、大宮、東京、長野、浜松、名古屋、京都、大阪、高松、那覇の
12会場となっており、ユーザーの講師は会場によって異なっている。
期間は7月12日(木)~9月14日(金)まで。参加費は無料で、参加申込フォームから事前申込みが
必要だ。
 
上記全国ロードショーの詳しい情報と申し込みは、こちらのWebサイトで。