Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

「SeACD」および「M-draw」の新製品紹介
セミナーを東京・大阪で開催<イズミシステム設計>

2018.07.11

イズミシステム設計は、個別空調設計ソフトウェア「SeACD(シークド)」とモデル建物法
対応ソフトウェア「M-draw(エムドロー)」の2つの新製品を紹介するセミナーを開催する。
SeACDは、空調・換気設計業務をシームレスにつなぎ一元化するソフトウェアで、諸元表
作成、系統図作成、機器選定、機器表作成の機能が同ソフトに集約されているのが特長。
M-drawは省エネ適合性判定・届出、BELS 取得に活用できるモデル建物法作図・入力支
援ソフトウェアで、作図(2D)機能により根拠図作成と面積拾い作業を同時に行うことが可
能だ。
今回、受講者への特典としてSeACDおよびM-drawの機能制限なし体験版(1ヵ月)が提供
される。
日程は東京会場が7月25日(水)大阪会場が7月27日(金)で、定員は各会場20名。参加費
は無料で、参加申込フォームから事前申込みが必要だ。
 
上記セミナーの詳しい情報と申し込みは、こちらのWebサイトで。