Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

日本設計とオートデスクが戦略的パートナーシップ
を更新<オートデスク>

2018.11.26

日本設計とオートデスクは、2014年に次世代BIMの実現を目指してパートナーシップを締結
し、2015年から国内初の業務包括契約(以下、EBA)をしているが、このたび戦略的パート
ナーシップを3年間更新することを発表した。
このEBA契約を結んだことにより、日本設計は「オートデスクのソフトを自由に使用でき、
さまざまなBIMの試行ができる環境になったこと」をはじめ「海外のBIMの先進的設計事務
所との情報交換会などで最先端のBIM情報をタイムリーに得られたこと」、「オートデスク
のトップレベルの技術者と直接の意見交換の機会が持て、さまざまなBIMの検討・開発の協力
を得られたこと」の3つを成果に挙げた。一方、オートデスクは、日本設計とのEBAをきっか
けに、日本市場で大和ハウス工業や大手ゼネコンなど12社以上の企業と協力関係を築くこと
ができたという。
日本設計は、これまでの成果を踏まえつつ、今後3年間のテーマに「建物の高品質化・高性能
化」「BIMのワークフローの検討」「ビッグデータの活用」の3つを設定。
「建物の高品質化・高性能化」では、“超高層・大型案件対応” “電気設備設計” “高精度シミュ
レーション対応” “省エネ適判等の各種申請対応”の4点の重点強化項目を定めた。その中でも
“超高層・大型案件対応”は、超高層・大型案件が日本設計の全案件の半分以上を占めるため、
最重要課題として取り組むという。
また「BIMのワークフローの検討」ではIntegrated BIMを確立するために、日本の建築業
界全体として必要なことの確立に日本設計が協力していくと語った。「ビッグデータの活用」
については、建築に関わるデータや日本設計の持つ過去のデータなど、さまざまなデータとと
もにAutodesk Forgeも活用して、将来的に設計の中に活かしていくとしている。
今後日本設計は、これまでの下地を活かしてBIMの有効活用などをより一層推進し、
オートデスクはさまざまな面で日本設計をサポートしていく考えだ。
 
オートデスクについての詳しい情報は、こちらのWebサイトで。

 株式会社日本設計 代表取締役 社長執行役員 千鳥義典氏(写真右)と
 オートデスク株式会社 アジアパシフィック アカウント営業部
 シニアディレクター ルー・グレスパン氏(写真左)

 株式会社日本設計 代表取締役 社長執行役員 千鳥義典氏(写真右)と
 オートデスク株式会社 アジアパシフィック アカウント営業部
 シニアディレクター ルー・グレスパン氏(写真左)