Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

第39回情報・システム・利用・技術シンポジウムの
応募要領を公開<日本建築学会>

2016.05.30

一般社団法人日本建築学会 情報システム技術委員会は、「第39回情報・システム・利用・技術シ
ンポジウム」を12月8日~12月9日に開催するにあたり、「論文」および「報告」の応募要領
を公開している。
同シンポジウムは、今年度で第39回となり、毎年12月に建築会館で開催されている。
同委員会は、建築における情報システム技術に関する調査・研究などを行い、コンピュータの
有効な利用と普及を図り、建築界の発展向上に寄与することを目的とする委員会。情報化時代
の建築・都市・社会ビジョン、建築生産流通システムの情報化技術、設計・コミュニケーショ
ンの高度化技術、建築分野のための情報・解析理論と応用に関する調査・研究を行っている。
現在、募集しているのは「論文」と「報告」の2つのカテゴリー。募集分野は、情報の基礎理論
とシステム技術や、建築分野における情報システムの応用技術などとなっている。
「論文」の原稿提出および申込期限は6月17日(金)17:00必着。「報告」の申込期限は6月17
日(金)17:00までで、原稿提出については10月 7日(金)までとなっている。
同シンポジウムの概要や応募要領などは、日本建築学会のWebサイトに掲載されている。