Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

創立130周年記念の2016年度日本建築学会大会を
8月に開催<日本建築学会>

2016.07.25

一般社団法人日本建築学会は、「2016年度日本建築学会大会(九州)」を8月24日(水)~8月
26日(金)に開催する(記念特別講演会は8月23日に開催)。
年に1度開催され、今年で117回目となる今回の大会は、同学会創立130周年の記念大会となっ
ている。
同大会は、約1万名もの会員が一堂に会して日頃の研究成果を発表し、さまざまな討議を通じ
て互いが研鑽し合う同学会が主催する最も重要な行事の1つ。大会とともに開催地域の人々
に向け、美しくそして災害にも負けない建築・都市づくりや、建築に関わるさまざまな文化の
発信など、同学会の社会貢献活動への理解を深めてもらうために講演会やシンポジウムを開催
するほか、今回の大会では創立130周年記念大会の記念行事も行われる。
同大会のメインテーマは「みんなと建築」で、プログラムは、大会シンポジウム、記念特別講
演会のほか、研究協議会、パネルディスカッション、表彰式・作品展、福岡県内の多彩な建築
を訪ねる見学会などで構成されている。
創立130周年記念行事の大会シンポジウムでは、伊東豊雄氏(伊東豊雄建築設計事務所代表)に
よる基調講演をはじめ、同氏を含めたパネラー4名で「みんなの建築」をテーマにディスカッ
ションを行う。8月23日に開催する記念特別講演会では、大野秀敏氏(東京大学名誉教授)や
工藤和美氏(東洋大学教授)ら5名による「九州からオリンピックを俯瞰する」をテーマとした
ディスカッションが実施される。
また、見学会では、「福岡近現代建築ツアー」や「構造見学ツアーin福岡:近年の大型建築を
巡る」など4つの見学会が企画されている。
会場は、福岡大学七隈キャンパスで、現在、事前参加申し込みを受け付けており、申込期限は
7月29日(金)17時まで。参加費は、正会員の一般が6,000円で大学院生が3,000円、会員外の
一般が9,000円、大学院生が4,000円、準会員、学部学生、市民(建築関係者以外)が無料となっ
ている。
同大会の詳しい情報は、日本建築学会のWebサイトに掲載されている。