Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

IT推進部会 BIM専門部会の活動の紹介     <日本建設業連合会>

2015.04.16

一般社団法人日本建設業連合会(以下、日建連)の建築生産委員会の部会である、IT推進
部会では、IT活用による総合的な建築生産の効率化を目的に、IT活用の推進策、建築産業
界に共通する課題の整理、生産情報の共通化・標準化などの検討を行っている。

IT推進部会には、4つの傘下専門部会があり、その専門部会の1つがBIM専門部会である。
BIMを有効活用するには、ゼネコン・専門工事会社・BIMソフトベンダーが連携して、
施工段階のBIMの仕様と利用方法の標準化を推進する必要がある。BIM専門部会は、その
推進のため、日建連の会員各社と専門工事会社との連絡をとり、関連諸団体とともに業界
標準化を推進し、施工段階でのBIM活用のメリットの増大を図ることを目的に活動を進め
ている。
BIM専門部会の主査は、大林組の福士正洋氏で、約20名のメンバーは全員大手ゼネコンに
所属している。

BIM専門部会では、具体的なテーマとして、「数年後に「(仮称)日建連BIMガイドライ
ン」を作成することを念頭に、活動を開始する」を掲げ、現在、(仮称)施工用LOD検討
WG と(仮称)専門工事会社BIM連携WGの 2つのワーキンググループに分けて活動して
いる。
(仮称)施工用LOD検討WGでは、施工段階のモデルの精密度・竣工時のモデルデータ
標準の作成を進め、(仮称)専門工事会社BIM連携WGでは、専門工事会社と元請の間
でデータ連携をする際のルールの検討などを進めている。

BIM専門部会の成果としては、2014年12月に発行した、「施工BIMのスタイル -施工
段階における元請と専門工事会社の連携手引き2014」がある。同書は施工段階における
BIMに取り組む際に、元請と専門工事会社の双方にメリットを享受するための具体的な運
用方法や事例を含めた手引書だ。詳細については、団体トレンドで紹介している。
BIM専門部会では、数年後の「(仮称)日建連BIMガイドライン」の作成に向けて、調査
・研究、ルールやモデルデータ標準の作成などを今後も進めていく。