Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

建設産業ネットワークCI-NETの企業識別コードの 取得企業数が1万社を突破<建設業振興基金>

2015.07.15

一般財団法人建設業振興基金は、運営するCI-NET(Construction Industry NETwork : 建設
産業ネットワーク)の企業識別コードの取得企業数が1万社を超えたと発表した。
CI-NETは、建設業界において企業間で電子商取引を行うための仕組み。
建設生産における企業間の商取引には、見積依頼など商談の段階から注文、請求、決済までい
くつもの段階があり、その都度伝票を通じた情報のやり取りが行われているが、CI-NETはこれ
らの情報を電子的に交換するための業界標準として作られたもの。
各企業はCI-NETに対応したシステムを導入することによって、さまざまな取引先と電子商取引
が可能になる。
CI-NETを利用するには、企業識別コードと電子証明書の取得が必要となるが、大手ゼネコンを
中心に約15年前から普及が広がり、企業識別コードの取得企業数がついに1万社を超えた。
建設業振興基金は、1991年12月からCI-NETの構築・普及に取り組んでいる。