Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

第56回BCS賞を発表<日本建設業連合会>

2015.07.28

一般社団法人日本建設業連合会は、今年度のBCS賞を発表した。
今年で56回目の同賞は、「優秀な建築物をつくり出すためには、デザインだけでなく施工技術
も重要であり、建築主、設計者、施工者の三者による理解と協力が必要である」という建築業
協会初代理事長の竹中藤右衛門氏の発意により1960年に創設されたもの。
今年度は、全国からの応募作品62件の中から、次の14作品(うち特別賞1作品)が受賞した。
「ROKI Global Innovation Center -ROGIC-」「Junko Fukutake Hall」
「鈴木大拙館」「はあと保育園」「あべのハルカス」「JPタワー」
「静岡市清水文化会館 マリナート」「大阪木材仲買会館」「北九州市立戸畑図書館」
「サイエンスヒルズこまつ」「資生堂銀座ビル」「ダイビル本館・中之島四季の丘」
「明治大学創立130周年記念和泉図書館」「上州富岡駅(特別賞)」

受賞作品は、複合施設、事務所、博物館、劇場・ホール、図書館、保育園、駅舎と多彩な用途
の作品が選ばれている。
「ROKI Global Innovation Center -ROGIC-」については、建築主の研究への熱い企業理
念に対して、若い建築、構造、設備の各設計担当者および施工者が徹底したプロ意識と抜群の
チームワークで取り組んだ結実として、豊かな自然環境に溶け込む第一級の研究空間が創造さ
れている点が評価された。
「Junko Fukutake Hall」については、これからの岡山大学の理念に相応しい人材教育を促す
大学の方針に共鳴した福武純子氏が、設計者としてSANAA事務所を指名して、大学側に寄贈し
たものであり、異なる傾斜した七枚の屋根とガラスで構成され、極めてシンプルで美しい建築
である点が評価を受けての受賞となった。
これらの2作品以外についても、デザインや機能が優れていることはもちろん、周辺環境や街並
みへの配慮、地域との融合、新しい試みへのチャレンジなどの点で、BCS賞の趣旨に沿った素
晴らしい建築作品だとしている。
同賞の表彰式は、11月16日(月)、東京・内幸町の帝国ホテルで行う予定だ。

     ROKI Global Innovation Center    Junko Fukutake Hall

     ROKI Global Innovation Center    Junko Fukutake Hall


     鈴木大拙館              あべのハルカス

     鈴木大拙館              あべのハルカス