Headline(ヘッドライン)

団体トレンド

2015年度日本建築学会大会(関東)を9月に開催  <日本建築学会>

2015.08.19

一般社団法人日本建築学会は、「2015年度日本建築学会大会(関東)」を9月4日(金)~9月6日
(日)に開催する。
年に1度開催され、今年で116回目となる同大会は、約1万名もの会員が一堂に会して日頃の研
究成果を発表し、さまざまな討議を通じて互いが研鑽し合う、同学会が主催する最も重要な行
事の1つ。大会とともに開催地域の人々に向け、美しくそして災害にも負けない建築・都市づく
りや、建築に関わるさまざまな文化の発信など、同学会の社会貢献活動への理解を深めてもら
うための講演会やシンポジウムなども開催する。
同大会のメインテーマは「いま、地域と生きる建築」で、プログラムは、記念特別講演、記念
シンポジウムのほか、研究協議会、パネルディスカッション、表彰式・作品展、神奈川県内の
多彩な建築を訪ねる見学会などで構成されている。
記念特別講演では内藤廣氏(東京大学名誉教授)が「どこにでもある街とどこにもいないわたし」
をテーマに講演する。記念シンポジウムでは、関幸子氏(ローカルファースト研究所代表)、川向
正人氏(東京理科大学教授)、竹内昌義氏(東北芸術工科大学教授)、藤村龍至氏(藤村龍至建築設
計事務所代表)、島村菜津氏(ノンフィクション作家)の5名のパネリストにより、「まち・ひと・
けんちく-地方創生とまちづくり-」をテーマにディスカッションが実施される。
また、見学会では、「葉山の近代別荘建築」や「照明デザイナーとめぐる横浜夜景」など6つの
見学会が企画されている。
会場は、東海大学湘南キャンパス。当日参加費は、正会員の一般が6,000円で大学院生が3,000円、会員外の一般が9,000円、大学院生が4,000円、準会員、学部学生、市民(建築関係者以外)が無
料となっている。なお、事前参加申込みの受付は終了している。
同大会の詳しい情報は、日本建築学会のWebサイトに掲載されている。