Magazine(マガジン)

コラム

ロボットコンストラクション

2017.10.19

パラメトリック・ボイス           アンズスタジオ 竹中司/岡部文

岡部  ここ数年で、ロボットコンストラクションの現実味が加速してきている。
    例えば、アメリカ、ニューヨークを拠点とする会社Construction Roboticsは、煉瓦
    積みロボットSAMを開発し、多くの注目を集めた。
 
竹中  ヨーロッパでも同様の流れがあるね。ロボット技術の最先端を誇るETHでは、昨年
    10月、ロボット製造研究所(Robotic Fabrication Laboratory)を新設し、ロボット
    を用いた施工の開発を実物大サイズで行っている。まず目指しているのは、住宅プロ
    ジェクトのロボット施工の実現だという。
 
岡部  では、日本はどうだろうか。
    大きな遅れをとっているようにも感じられるけれど実はこの1、2年で施工現場を
    担う組織にも変化が見られる。
 
竹中  そうだね。先陣を切ったとも言えるのが、清水建設だろう。
    今年7月、清水建設は自立型ロボットを用いた次世代型生産システム、
    「シミズ スマート サイト」を構築したと発表した。
 
岡部  目的は、建築工事現場の生産性向上、繰り返し作業の軽減、さらには、検査管理業務
    の効率化だというが、いったいどんなロボットが開発されているのだろうか。
 
竹中  我々アットロボティクス(アンズスタジオからスピンオフしたロボット会社)が開発
    協力を担ている現場施工を行う自立型ロボト「Robo-Buddy」もそのひとつだね。
 
岡部  具体的には、施工部位の状況を即座に認識しながら、2台のロボットのチームプレイ
    で天井吊ボルトのインサートへの挿入、下地材の組み立て、天井ボードの取り付け、
    ビス留め、OAフロアの台座・パネルの設置。さらには、作業工程に応じてエンドエ
    フェクタを付け換え、様々な能力を発揮することが出来る。
 
竹中  今後のロボットコンストラクションでは、現在必要不可欠なティーチングの作業も、
    オフラインティーチングでさえも必要としない。車やドローンのオートパイロットの
    ように自立制御が主流になってくるに違いない。
 
岡部  高いセンサ技術によって、繊細な環境知覚能力を持ち、自己認識技術による自働作業
    を行う。まるで、現状に対する鋭い観察力と、これに合わせて技を使い分ける、かつ
    ての職人たちの姿を思い出す。そうなると、我々人間に求められる能力とは、いった
    いどのようなものになってくるのか。
 
竹中  それは、計算世界と物質世界の差異を埋めることだ。物性との対話を繰り返しながら、
    多様な要因が引き起こす様々な現象を解析し、それらのバラつきを定量的に解決する
    アルゴリズムを開発する。そこに未来のクラフツマンシップの形を見出すことができ
    るはずだ。職人ロボットが現場に出てゆく日は、もうすぐそこまで来ている。

 シミズ スマート サイトの概念図
 ※上記の画像、キャプションをクリックすると画像の出典元の清水建設のWebサイトへリンク
  します。

 シミズ スマート サイトの概念図
 ※上記の画像、キャプションをクリックすると画像の出典元の清水建設のWebサイトへリンク
  します。