Magazine(マガジン)

コラム

前にも後ろにも進む船

2015.06.25

ArchiFuture's Eye                 大成建設 猪里孝司

香港でもう一つ印象に残ったことがある。交通機関である。香港の交通機関といえば2階建て
の路面電車、トラム(香港電車)を思い浮かべる方も多いだろう。1904年に開業、100年以
上の歴史を持ち香港島北部の中心市街地を東西に走っている。料金が3.2香港ドル(約50円)
と格安な上、路線がシンプルで予想外のルートを通ることもない。観光客にとっても有難い存
在である。2階建てのバスと並走している光景は、香港ならではといえる。

スターフェリー(天星小輪)はトラム以上に印象深い。1888年就航なので、トラムよりも古
い。ちなみにビクトリアピークに登るピークトラムも同じ1888年開業である。九龍の尖沙咀
と香港島の中環・湾仔を海路で結んでいる。所用時間は6,7分、運賃は平日の上甲板で2.5香港
ドル(約40円)とトラムよりもさらに安い。乗り場は市街地にあり、海から超高層ビルを眺め
ることができるので、観光客にはうってつけの交通機関である。

この船、普通の船と異なり前後の区別がない。前にも後ろにも進むことができる。香港島から
乗船した時、夜景を見るには船尾の進行方向右側の席がいいだろうと、出港直後に方向転換す
ることを予想して、船首左側の席に陣取った。あにはからんやそのまま直進したので、あわて
て右舷後方に移動した。到着前に方向転換のかと思いきやそのまま埠頭に到着した。出港後も
到着前も方向転換せずじまいだった。

一体どうなっているのかを確認するため翌朝もう一度乗船した。電気機関車のように前後同じ
形で、操舵室も前後にあることが分かった。座席の背も手動で前後が入れ替わるようになって
おり、“Reversible Bench”表記されていた。スクリューも舵も前後にあるようだ。たかだか
6,7分の航海でいちいち方向転換するのは時間と燃料の無駄である。冷静に考えると実に合理的
である。船には船首と船尾があり、スクリューと舵は船尾にあるものと思い込んでいたことを
大いに恥じている。