Magazine(マガジン)

コラム

経験するロボット

2018.05.24

パラメトリック・ボイス           アンズスタジオ 竹中司/岡部文

岡部  先日Zaha Hadid Architects(ZHA)によって発表された情報によれば最新作の       現場でロボットによるオンサイトコンストラクション(現場施工)を実践するらし
    いね。
             
竹中  Lushan Primary Schoolのプロジェクトだねロボットの熱線切断技術を使って
    コンクリート造の複雑なアーチ形状を実現しようとしているようだ。
 
岡部  施工会社は特定されていないけれど、ZHAとコラボレーションの実績があるOdicoも
    候補の1つだろう。Odicoは2012年にデンマークに設立された会社で、コンクリー
    ト施工に革命を起こすべくロボットを駆使した三次元曲面の生成技術を開発してい
    る。
 
竹中  ここ1年で、ロボットの舞台が、柵に囲まれた実験室から実際の現場へと移ってきて       る。つい3年前までは、研究段階にとどまっていたものばかりだったが、今年くらい
    から2020年に向けて実践事例が急速に増えてくるだろう。
 
岡部  建築家たちもこうした技術が切り開く可能性に目を向けざるをえない時代がやって
    くるね。では、実践へと踏み込めるようになった最も大きな要因は何だろうか。
 
竹中  センサ技術の進化が大きく関係しているだろう。物質をよく観察し事細やかに分析
    する。周囲環境に対する適応力が飛躍的に向上しコンピュータとロボットをつなぐ
    技術が整ってきたのだ。
 
岡部  なるほど宙返りロボットで注目を集めるボストン・ダイナミクスのCEOマーク・レ
    イバート氏も刻々と変化する周囲環境にいかに適応できるかが重要でそのために
    は計算による予測と実際の運動をつなげるための技術が進化しなくてはならない、と
    指摘しているね。
 
竹中  たとえば、「まっすぐ切る」をロボットの動作で考えてみよう。
    計算世界では単純にA点からB点までの直線を切断できる。しかし、物質の世界では、
    刃物の切れ味やマテリアルの特性が悪さをして実際は曲がって切断されてしまう可
    能性もある。
 
岡部  そうだね。思っているほど、単純ではない。トライアンドエラーを繰り返しながら、
    まっすぐ切る動作や素材の特性をよく観察する必要があるね。
 
竹中  コンピュータから指令を出したからと言って、その通りにはいかないところにロボッ
    トの難しさと面白さが同居している。計算世界と物質世界をつなげるためには、ロ
    ボットをどう反応させるべきか計算による精密な解析のみならず人間の経験や感
    覚を埋め込んだ柔軟な仕組みが要になる。
 
岡部  太古より人は周りの環境に順応しながら多くを学び更には「創造性」を発揮する
    ことで大きな進化を遂げてきた。ロボットの進化もまた同様かもしれない。
 
竹中  ロボットは周りの環境や様々な物質と対話をはじめることで多くの経験を積み、ま
    るで成長する子供のように知能や技能を身につける。これまでの道具という枠組み
    超えて、学び続ける「経験値の蓄積」が新しい時代を牽引するにちがいない。

 ※上記の画像をクリックすると画像の出典元のOdicoのWebサイトへリンクします。

 ※上記の画像をクリックすると画像の出典元のOdicoのWebサイトへリンクします。