Magazine(マガジン)

コラム

デジタル・コンストラクション

2016.02.09

パラメトリック・ボイス           アンズスタジオ 竹中司/岡部文

岡部  自由自在に腕を振りながら、絶えず働き続けるロボット。
    いったい、どうのようにして動いているのだろうか。
 
竹中  産業用ロボットを動作させるために、ロボットティーチング(教示)という作業が行
    われている。人間がロボットをリモコンで操り、動作をひとつひとつ記録していく。
 
岡部  見た目によらず、アナログ。複雑な動きを考えると気が遠くなる作業だね。
 
竹中  現在、ロボット生産工程のほとんどが、ティーチングマンによってつくられた動作と、
    この再生によって稼働している。職人の技でロボットが動いていると言っても過言で
    はないよ。
 
岡部  つまり、ロボットと言えど、人の手作業が多くを占めているんだね。
                  
竹中  こうした「記録と再生」という手法は、マスプロダクションの時代には適応していた
    と言える。
 
岡部  けれど、多品種少量生産が求められるこれからの現場では、より知能化された技術が
    必要になってくるはずだ。
 
竹中  こうした流れは、3D-CADやBIMをはじめとするコンピュータの進歩によって、より
    顕著になって来ている。建築情報が複雑化する一方で、実際の施工現場では、これを
    解決するために、未だ、多くの手仕事に頼っているのが現状だ。
 
岡部  では、情報化された建築データを活用して、設計から施工までをシームレスに繋ぐた
    めには、どのような考え方が必要なのだろうか。
 
竹中  BIMデータをフルに活用して、デジタルのまま建築施工を実現する、新しい施工方法
    が求められてくるだろう。これを、デジタル・コンストラクション*1と呼んでいる。
    近い将来、必ずやってくる建築生産施工の変革である。
 
岡部  デジタル・コンストラクションで活躍するロボットは、形状やマテリアルなどの情報
    とダイレクトに対話しながら、繰り返し学習し、自ら技を磨く能力をもつ。
 
竹中  最終的にはリアルタイムな周囲環境との対話を可能にし、現場施工を実現する。
    その姿は、まるで自己組織的に生成され成長してゆく植物のように、多種多様な豊か
    さをもたらしてくれるはずだ。


*1  シンポジウム「デジタル・コンストラクション‐BIM施工革新の展望‐」を開催予定

  ティーチングマンの技(アンズスタジオが開発を手掛けるロボット)

  ティーチングマンの技(アンズスタジオが開発を手掛けるロボット)


  記録と再生によるロボット生産工程
  ※上記の画像、キャプションをクリックすると画像の出典元のYouTubeへリンクします。

 記録と再生によるロボット生産工程
 ※上記の画像、キャプションをクリックすると画像の出典元のYouTubeへリンクします。