Magazine(マガジン)

コラム

「AI=人工知能」から「BI=植物的知性」へ

2016.03.01

ArchiFuture's Eye                 日建設計 山梨知彦

■植物に学ぶ
コンピュテーショナルデザインを実務で実践したいと思ったときに、いかにもといった「奇天
烈な形状」を生み出すことに抵抗を感じていた。それでコンピュテーショナルな手法でナチュ
ラルなランドスケープをデザインすることを思いついた。日本建築学会賞作品賞をいただいた
「NBF大崎ビル(ソニーシティ大崎)」のランドスケープがそれだ(写真1)。
簡単に言えば、コンピューターのバーチャルな地形の中に、まず人為的にデザインされた植栽
計画をする。それをコンピューターの中で、植物相互の近接性や、日照条件、通風条件などを
反映して淘汰された状況をシミュレーションする。園路は、植物を愛し、植物の根元を避け、
人間に歩きやすいルートを探す仮想の獣を配して、それが踏み固めたルートを採用する。コン
ピューターの中で40年ほど育ててみて、具合のいい風景が生じたスキームがあったら、その
40年後のナチュラルに見える状態を、実際の敷地に張り付けるというデザイン手法である
(写真2)。
実際には、上記のアイデアのすべてがアルゴリズムに反映できたわけではないのだが、コン
ピューターが描きだしたランドスケープは、敷地の持つ諸条件を細やかに反映して予想以上に
ナチュラルに見えたため、クライアントにプレゼンテーションを行い、実際に採用いただいた。
竣工直前の2月末に植栽工事が終え、わずか数か月後の夏には、写真1に見られるようなナチュ
ラルな里山的風景が現れた。ランドスケープが完成後ナチュラルに見えるか否かは、実は畑で
の樹木選びや現場での詳細なレイアウトによるところが大きいので、写真のような風景がわず
か数か月で生まれたのは、実際には植栽を選んでくれた日建設計のランドスケープデザイナー
と植栽施工業者の腕前によるところが大きいと思われる。しかしこの経験を通して、僕はコン
ピュテーショナルなものと、植物とはきわめて相性が良いのではなかろうかと感じるように
なった。
 
■動物型の脳+神経系の集中システムのAI
IoTやAIの時代となり、建築もインターネットに組み込まれ、AIによってデザインされ、そし
て運用されていく時代が近づきつつある。
これまでのAIの主流は、動物、特に人間の頭脳を模した、まさに知性を持った頭脳となること
を目指してきた。そして、その一つの理想形は「ヒューマノイド」=人間型ロボットであるの
だろう。これまでのAIは動物の脳の模倣、つまり中央集権型が主流なのだ。インターネットは
脳に情報を運ぶ神経系にしか過ぎない。ディープラーニングといえども、学習するのは脳とし
てのコンピューターだ。少なくとも、素人の僕にはそのように見える。
 
■植物型の分散システムとしてのAI
一方で、インターネットのネットワークや、そこに接続されたモノのネットワークが築くIoT
の実際の世界観は、個々のモノがモジュールとなりインターネットにより相互接続された、緩
やかで分散的なシステムである。緩やかなつながりだけに、システムは部分的な破損に対して
強靭であり、知性は人工知能に集約的に保持されているというよりも、インターネットの末端
にぶら下がった人間も含めて、インターネット全体に離散的に存在するように感じられる。
知性の有無はひとまず置くとして、インターネットは動物よりも、立ち木のような植物にイメー
ジが近いとは言えやしないか。枝の一本や二本が枯れてもへこたれない植物のデュラブルさは、
インターネットが持つ分散システムに近いのではなかろうか?とすると、AIとインターネット
の関係も、集約的な脳とそれにつながる神経系としての動物をモデルとした「ヒューマノイド」
型のシステムではなく、インターネットそのものに分散的に知性を持つ植物をモデルとした
「プラントイド」型のシステムの構築を目指すべきとも思えてくる。
しかし問題は「知能」だ。脳をもたない植物が「知性」を持っているのであろうか?という
問題に行きつく。植物はAIのモデルになり得るのだろうか。
 
■植物は「知性」をもっている
こんなことを考えているときに、一冊の本に出合った。その名もずばり「植物は<知性>をもっ
ている」だ(写真3)。
同書によれば、植物は感覚を備え、個体を超えたコミュニケーションネットワークシステムを
持ち、相互にコミュニケーションしているというではないか。感知できる感覚は人間を超え、
20種類にも及ぶという。植物自体が、優秀なセンシングディバイスでもあるのだ。さらに植物
の特徴として、動物のように脳や心臓といった機能特化されたシステムではなく、機能は分散
され、動物とは異なる知性のシステムを植物全体で、また外部とのネットワークにより、個体
を超えた知性すら備えているという。太古の昔から、植物はインターネットとそっくりなシス
テムを築き上げ、繁栄しているのだという。さらにその知性は、人間をも既に取り込んでいる
という。人間が農作物を育てる行為を、植物から見れば最適な繁栄システムとして利用してい
て、その人間の健気な働きに対して報奨としての果実を人間に授けているのではなかろうかと、
ユーモラスに問うている。
 
日々の知的生産活動において、我々はインターネットの恩恵を受けていることは疑いのないと
ころだが、実は我々の気が付かないところで、インターネット上には植物的で分散的な知性が
育まれ始めている、と考えると三流のSFの筋書きのようでもある。
「AI=Artificial Intelligence」から「BI=Botanical Intelligence」へのパラダイムシフトが
我々の知らないところで、既に静かに始まっているのかもしれない(笑)。

      写真1:竣工後のNBF大崎ビルのランドスケープ

      写真1:竣工後のNBF大崎ビルのランドスケープ


 写真2:コンピューターが生み出した40年生育させたランドスケープ

 写真2:コンピューターが生み出した40年生育させたランドスケープ


   写真3:書籍「植物はをもっている」

 写真3:書籍「植物は<知性>をもっている」